大和日英基金 アートプライズ

大和日英基金アートプライズは、英国のアーティストに東京のギャラリーで初めての個展を開催するチャンスを与えるものです。受賞者を日本のコンテンポラリーアート界の人脈に紹介し、また個展へ向けての支援を含め、参加費用として、5000ポンドが授与されます。

この賞はかつて日本で個展を開いたことのない、英国在住の英国人アーティストなら誰でも応募できます。応募には、最近の作品4点(絵画、写真、描画、彫刻、インスタレーションなどどんな表現手段でも結構です)の資料と履歴書及び自己紹介書を提出してください。審査委員会は応募者の中から3名の候補者を選び、大和ジャパンハウスギャラリーでの展示を行います。その後、受賞者の発表が行われます。

 

大和日英基金アートプライズ2015
受賞者: オリバー・ビア

大和日英基金はここにオリバー・ビア氏の2015年大和日英基金アートプライズの受賞を発表させて頂きます。ビア氏の受賞は、最終候補者のミハイル・カリキス氏、ジュリー・ブルック氏とともに2015年のアートプライズ展覧会の初日に発表されました。3年に一度の本賞は、日本で個展開催歴のない英国在住の英国人芸術家に授与されます。受賞者には日本での展覧会開催に加え、日本の現代美術界の第一人者や団体への紹介及び一定期間の援助、賞金5000ポンドが授与されます。

2015年展覧会は、ロンドンの大和日英基金ジャパンハウスギャラリーにて2015年6月12日から7月17日まで開催されました。

オリバー・ビア「Life, Death and Tennis」 は青山|目黒ギャラリーにて2015年11月7日から11月28日まで展示されました。

オリバー・ビア東京展の画像はこちらからご覧ください。

オリバー・ビア、1985年英国生まれ。作曲を学んだ後、オックスフォード大学ラスキン・スクール・オブ・ドローイング・アンド・ファインアートにてファインアートの学士号を取得。ポンピドゥーセンター(パリ)、Ikonギャラリー(バーミンガム)、WIELS現代美術センター(ブリュッセル)、リヨン現代美術館(リヨン)、オックスフォード近代美術館(オックスフォード)、ギャラリー・タダエス・ロパック(パリ)、パレ・ド・トーキョー(パリ)、リヨン・ビエンナーレ(リヨン)、フォンダシオン ・ルイ・ヴィトン(パリ)、MoMA PS1(ニューヨーク)などにて個展およびグループ展並びに上映等展示歴多数。

2015 runners-up

ジュリー・ブルック

ミクへイル・カリキス

Toggle navigation