News for August 2012

Featured news

20 November 2017

Kyoto

Mind in World: A History of Distributed Cognition - lectures in Kyoto, Osaka & Tokyo from 8 to 14 December 2017

Distributed cognition means that the mind is not ‘brainbound’ but extends across brain, body and world. Our project examines evidence of distributed cognition from Classical Greece to Modernism in Europe. Now we want to look at Japan and Asia. Join Dr Miranda Anderson for the following lectures in Japan (8 December in Kyoto, 11 December in Osaka, 14 December in Tokyo) if  interested:

Read on

10 November 2017

Experience Japan 2017: An introduction to study and work opportunities in Japan

The Experience Japan Exhibition is now in its seventh year. The event gets bigger each year with more and more people taking part to find out about the growing range of study and work opportunities available in Japan. Experience Japan 2017 will take place at the Royal Society, 6-9 Carlton Terrace, London SW1Y 5AG on Saturday, 18 November, 12:00 – 18:00. Admission is free of charge.

Read on

7 November 2017

Butoh Training by Florencia Guerberof: 13 & 15 Dec 2017 at Siobhan Davies, The Roof Studio

Butoh Training by Florencia Guerberof: this Butoh Training will take place on the evenings of the 13th and 15th of December. The two three hours sessions will be preceded by a guided warm up starting at 5.45 PM, fifteen minutes prior the start of the Butoh training. Please note that arriving on time for the warm-up is essential. Be prepared for a very intense and physically demanding practice.

Read on

30 October 2017

AREThe Festival: Japanese Ceramics and the Way of Tea - 5 November 2017

AREThé Festival: Japanese Ceramics and the Way of Tea – 5 November 10am-5pm. A study day celebrating Japanese ceramics and tea culture from talks, throwing demonstrations and Tea Ceremony in the Ashmolean to Raky Firing and Anagama Kilm opening at Wytham Woods (bus transport provided). With an evening reception at Oxford Ceramics Gallery. The programme of events is supported by the Daiwa Anglo-Japanese Foundation and the Great-Britain Sasakawa Foundation.

Read on

News

23 August 2012

My week at the Daiwa Anglo-Japanese Foundation (20-23 August 2012)

僕の日記 (20-23 August 2012)

月曜日:最初に、慶子さんとスーサンさんと言う会社員に会いました。大和日英基金 のツアーをしました。この建物の美術館を見た時、びっくりしました。なぜなら、僕は美術に興味があるからです。

Read on

17 August 2012

My Daiwa Anglo-Japanese Foundation Diary

私の大和日英基金の日記      日記の1日    今日は大和日英基金に着く時、会社員に会いました。大和日英基金の建物は美しくて大きいの、建物の中の面白い事を探すことにしました。 それから、会社の大切な手紙は封筒に入れて、大和日英基金について習いました。さらに私の昔の先生は大和日英基金の奨学金を得たことを知りました。    日記の2日    最初に昔の先生にメールを送る前に、大和日英基金の奨学生のために小さい言葉の紙を作りました。コズグローブと言う昔の先生に奨学金の経験について書いてくれるようを頼みました。 それから、昼休みの後で、私が日本に興味があることをポスターに書いて、私のじょうしに見せました。ものすごく嬉しかったです。    日記の3日    今朝、たくさん総務をしたり、日本の歴史を調べたり、私のじょうしを手伝いたりしました。とても楽しくなりました。さらに少しイギリスと日本の関係について読みました。昼餉の時,じょうしと日本センターに行くことになり、和食を買って食べました。本当においしかったです。それから、自分で日本の大使館の東京オリンピック1964に関する展覧会を見に行きました。    日記の4日    昨日、私は試験の結果をもらって、とても嬉しかったです。今朝、事務所に来る代わりに大英博物館を訪問しました。日本の美術に興味があるので、とても楽しかったです。それから、電車に乗って、すしのレストランに行って食べることにしました。てんぷらや焼き鳥やすしを食べました。おはしを使うことができなくても、食べ物はおいしかったです。昼餉の後でクロサワと言う映画監督の人生を調べました。彼の特別な映画を研究したかったのですが、時間がありませんでした。    Text by Brody McCarthy, Year 12, Whitgift School

Read on
Toggle navigation